日本人の食習慣の変貌

ファストフード店が進出を始め近年では日本人の食の欧米化が問題視されています。
具体的には栄養の偏りです。
ファストフードを代表するハンバーガーでは野菜が少なく肉や油が多いので肥満になりがちですので添加物も多いため気をつける必要があります。
野菜不足によって必要なビタミンが不足したり、食物繊維を取れないことで便秘に悩まされると言ったケースが増えています。
長期的な目で見てもこういった栄養バランスの偏りによって健康に被害を及ぼすことがあります。
あまりにもひどいケースでは、糖尿病や高血圧などに繋がり、病状が重くなる危険性もあります。
こういった問題はファストフードなどが多く進出している先進国ならではのものです。
長寿大国日本の名声を守るためにもブレイクスルーを見つけ欧米化しつつあるライフスタイルから抜け出すことが重要です。
欧米化して大味に慣れてしまった舌を取り戻すためにもたまには日本食で舌鼓を打つこともよいと思います。

none

最新投稿